正社員採用情報

会社沿革

1964年
(昭和39年)
12月 京都市南区吉祥院に精密金型製造を主とした会社を設立。
1968年
(昭和43年)
6月 京都市右京区に移転し半導体製造装置に事業転換し業務拡張を図る。
1971年
(昭和46年)
6月 開発型協力会社を確立する為、京都市南区に移転し、設計、ソフト、組立の強化を図る。
1984年
(昭和59年)
6月 受注の激増に伴い機械設備をMC化、制御部門を増員強化し一貫作業を確立する。
1990年
(平成2年)
6月 大型設備の受注拡大に伴い宇治市に移転し設備投資を実施。
大型工作機械等を導入する。
2000年
(平成12年)
6月 液晶、プラズマ、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為、本社西隣に敷地面積1106u建物面積1190uの第二工場を新設。国内海外に納入。
2004年
(平成16年)
3月 地球環境の保全を重要課題とし、ISO14001の認証取得。
2004年
(平成16年)
6月 液晶、プラズマ、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為、本社南方に敷地面積1723u建物面積673uの大川原第三工場を新設。組立工場として稼働。
2005年
(平成17年)
5月 大型設備の受注に伴い、大型門型M/C(5面加工機)を導入し敷地面積1010u建物面積309uの目川第四工場を新設。大物加工部品の精度、品質、スピードをアップしコストダウンを図る。
(テーブル 2500×5000,Z:1500)
2007年
(平成19年)
12月 品質、精度等の向上を目的にミツトヨ製三次元測定機を導入。
2008年
(平成20年)
6月 液晶、プラズマ、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為
敷地面積727.44u建物面積396.7uの目川第五工場を新設。組立工場として稼働。
2009年
(平成21年)
2月 大型設備の受注に伴い、マシニングセンタを導入し、設備の増強を図る。
2009年
(平成21年)
3月 第五工場の新設に伴い、ISO14001の適用範囲を全工場(全社)に拡大。
2010年
(平成22年)
3月 品質向上と企業の体質改善を目的とし、ISO9001の認証取得。
2011年
(平成23年)
2月 ベトナム・ホーチミン近郊に大東ベトナム株式会社を設立。
2011年10月より生産開始
2012年
(平成24年)
2月 中国・上海に大都羽(上海)精密机械有限公司を設立。
2015年
(平成27年)
2月 大都羽(上海)精密机械有限公司より
中国・無錫の無錫大都羽科技有限公司に移転。
2017年
(平成29年)
9月 代表取締役社長に 森誠一 就任
ISO

大東工業株式会社は、JACO(日本環境認証機構)の
品質・環境マネジメントシステムISO9001・ISO14001 の認証を取得しています。

適用規格:ISO9001:2008・JISQ9001:2008
登録番号:QC09J0093
登録日:2010年3月3日

適用規格:ISO14001:2004・JISQ14001:2004
登録番号:EC03J0479
登録日:2004年3月31日

登録範囲(ISO9001、14001共通)
(1)省力化システム装置・機器の設計、製造
(2)太陽光発電システム、及びオール電化設備等の販売・設置