company

会社概要



会社沿革

History
1964年12月 京都市南区吉祥院に精密金型製造を主とした会社を設立。
1968年6月 京都市右京区に移転し半導体製造装置に事業転換し業務拡張を図る。
1971年6月 開発型協力会社を確立する為、京都市南区に移転し、設計、ソフト、組立の強化を図る。
1984年6月 受注の激増に伴い機械設備をMC化、制御部門を増員強化し一貫生産体制を確立する。
1990年6月 大型設備の受注拡大に伴い宇治市に移転し設備投資を実施。大型工作機械等を導入する。
2000年6月 液晶、プラズマ、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為、本社西隣に敷地面積1105㎡建物面積1190㎡の第2工場を新設。国内海外に納入。
2004年3月 地球環境の保全を重要課題とし、ISO14001の認証取得。
2004年6月 液晶、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為、本社南方に敷地面積1723㎡建物面積673㎡の第3工場を新設。組立工場として稼働。
2005年5月 大型設備の受注に伴い、大型門型M/C(五面加工機)を導入し敷地面積1010㎡建物面積309㎡の第4工場を新設。大物加工部品の精度、品質、スピードをアップしコストダウンを図る。(テーブル2500×5000,Z:1500)
2007年12月 品質、精度等の向上を目的にミツトヨ製三次元測定機を導入。
2008年6月 液晶、太陽電池等の製造用設備の受注激増に対応する為、敷地面積749㎡建物面積531㎡の第5工場を新設。組立工場として稼働。
2009年3月 第5工場の新設に伴い、ISO14001の適用範囲全工場(全社)に拡大。
2010年3月 品質向上と企業の体質改善を目的とし、ISO9001の認証取得。
2011年3月 ベトナム・ホーチミン近郊にDAITOH INDUSTRY VIETNAM CO.,LTD.を設立。2011年10月より生産開始。
2012年2月 中国・上海に大都羽(上海)精密机械有限公司を設立。
2015年2月 大都羽(上海)精密机械有限公司より中国・無錫の無錫大都羽科技有限公司に移転。
2017年9月 代表取締役社長に森誠一就任。
2018年12月 地域牽引事業の担い手として経済産業省より、地域未来牽引企業に選定される。
2019年9月 自動車・航空関連受注増加に伴い立型マシニングセンタ Millac 1052VⅡを導入。 スピードアップを図る。
「精密機械製造」のご相談。省力化製造に関すること、
ご依頼・ご質問・お見積りなど何でもお気軽にご相談ください
日本全国対応可能です!
ページの先頭へ